緑茶ダイエット

| 緑茶

テレビや雑誌等でよく取り上げられるものにダイエット特集があります。最近、そのダイエットで緑茶ダイエットというものが注目されています。これは緑茶に含まれるカテキンの効能に目をつけたものです。

もともと緑茶に含まれるカテキンは8種類あり、それらは「ガレート型カテキン」と「遊離型カテキン」に分けられます。その中で「ガレート型カテキン」には中性脂肪を低下させる作用があると言われています。

通常の場合、食事として摂った脂肪は小腸でリパーゼという消化酵素によって脂肪酸に分解され吸収されます。そうして吸収された脂肪酸は中性脂肪となり血液に取り込まれます。

本来ならこれは大切なエネルギー源となりますが、もし中性脂肪が余分にあると体内に蓄積されてしまうのです。これが肥満の原因の一つになります。

しかし、「ガレート型カテキン」は、消化酵素であるリパーゼの働きをブロックして脂肪吸収を抑えます。最近ではその効能に目を付けた企業からカテキンが多く含まれた緑茶の飲料水も売られています。

飲尿健康法