緑茶の効果 コレステロール

| 緑茶

血液検査で必ず調べられる項目にコレステロール値があります。テレビのイメージでコレステロールは悪いものというイメージがありますが、実は人間にとってコレステロールはなくてはならないものです。

コレステロールは脂質の一種であり、本来は細胞膜を作る材料や、生体機能を整えるホルモンを作る材料、脂肪の消化吸収に関わるなど体にとってすごく大切なものです。

では、何故コレステロールは悪いものと言われるのでしょうか?コレステロールには悪玉の「LDLコレステロール」と善玉の「HDLコレステロール」の2つがあります。

しかし、運動不足や食べ過ぎ(カロリーの摂りすぎ)により悪玉コレステロールが増えすぎると、血液中のコレステロール値が正常より高くなり、その状態が続くことで動脈硬化を引き起こす原因となるのです。

最近、この悪玉コレステロールの減少に有効な働きをする成分として、緑茶の中に含まれるカテキンが注目されてきています。カテキンはコレステロールの吸収を抑えてくれると共に、悪玉コレステロールであるLDLコレステロールだけを減少させるという優れた特性を持っています。

ぜひ、コレステロール値が高い方は緑茶の効能にも注目にしてみてください。

飲尿健康法